介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護福祉士実務者研修について

今まで、介護福祉士の実務経験での受験資格は『実務経験3年間』のみでしたが、今年度(平成29年試験)から『実務経験3年間』に加えて『実務者研修』を修了することが義務付けられました。

 

実務者研修は、450時間のシラバス(科目と時間数、内容などが書かれたもの)が決められていて、無資格の方はすべて受講しなければなりませんが、これは450時間学校へ通うというのではなく、多くは「通信講座」になっていて、自宅学習でレポート提出と数日間のスクーリングによる「通学講習」を併せて行うようになっています。

 

また、介護職員基礎研修や初任者研修(旧 ホームヘルパー2級)を修了している人は、スクーリング時間や通信添削回数(レポート提出回数)などの免除もあります。

 

具体的な受講時間や課題提出回数、スクーリング時間はおおよそ下記の通りです。

 

取得している資格受講時間レポート提出スクーリング
なし450時間7~9回10~14日
介護職員初任者研修320時間5~7回8~10日
ヘルパー1級95時間1~2回8~10日
介護職員基礎研修50時間1回2~3日

 

さて、数ある学校の中から、どこを選べばよいのか迷ってしまいますね。

 

受講料は安いに越したことはありませんが、スケジュールやスクーリングの会場など、無理なく受講できるところを選びましょう。

保有資格によって受講にかかる時間は違いますが、修了までには6ヶ月間の在籍が必要なスクールもありますので、特に無資格の方は注意が必要です。

 

また、受講料についても金額の他、支払い方法や費用の支援制度の有無などもチェックして、自分に合った学校を選びましょう。

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス