介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護福祉士に求められる姿勢

「社会福祉士及び介護福祉士法」において、介護福祉士の「誠実義務」は、 「個人の尊厳を保持し、その有する能力及び適性に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、常にその者の立場に立って、誠実にその業務を行わなければならない。」と規定されています。

介護福祉士には、利用者を「社会的存在」としてとらえ、「利用者自身の判断と自己決定を最大限に尊重」して支援することが求められます。

この科目では、介護従事者として利用者の尊厳保持と自立支援を行うための支援のあり方が問われる問題が出題されます。
ここでは、対人援助における重要な語句の意味をよく理解しておきましょう。

 

どれも試験に出やすい重要キーワードですので、前出の「自律」「自立」「自立支援」と併せて、必ず覚えるようにしてください。

    • 権利擁護
      利用者の支援にに当たっては、「利用者の権利擁護」を常に念頭に置く必要があります。それには、常に「利用者主体」の姿勢をもつとともに、利用者の家族など、周囲の人の権利擁護にも配慮する必要があります。

 

    • ノーマライゼーション
      障害があっても特別視せず、普通の人と同じように受入、障害者も健常者も共に生きるという社会福祉の中核的な理念。
      デンマークのバンク・ミケルセンが提唱した。 その後、スウェーデンのニィリエがノーマライゼーションの8つの原理を提唱、ドイツのヴォルフェンスベルガーが全米に普及するなど全世界に広まっていった。

 

    • アドボカシー(代弁・権利擁護)
      介護福祉士には、利用者が自己の権利などを表明することが困難なときには、利用者に代わって代弁する役割がある。他者からの権利侵害に対し、利用者の権利を代弁し擁護すること。
      *日本介護福祉士会の倫理綱領に「利用者ニーズの代弁」が規定されています。

 

    • エンパワメント
      個人が自らの力で問題や課題を解決していくことができる能力を獲得すること。介護従事者はそれを促す支援を行うことが大切。

 

    • ラポール
      信頼関係、援助の場面では、援助者と利用者の間に共感を伴った信頼関係を築くことが重要。

 

  • ソーシャル・インクルージョン
    社会的包摂(ほうせつ)、社会的な孤立や排除の問題を解決し、すべての人がその構成員として支えあう社会を構築すること。                                              

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

これまでのコメント

  1. 人間関係とコミュニケーション | 介護福祉士無料受験対策講座+ :

    […] ◆介護福祉士に求められる姿勢 […]

  2. 人間の尊厳と自立 | 介護福祉士無料受験対策講座+ :

    […] ◆介護福祉士に求められる姿勢 […]

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス