介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

道具を用いた言語的コミュニケーション

 

コミュニケーションをとるためには、自分の伝えたい情報がきちんと伝えられ、相手の伝える情報をきちんと受け止めることが必要です。

 

このため、コミュニケーションの能力に障害がある人が道具を使って、コミュニケーションととりやすくすることも、有効な手段です。

 

また、障害を受けるまでに持っていたコミュニケーションの能力を活し、様々な方法を組み合わせることを考慮することも必要です。

 

 

・視覚に障害がある場合は、点字器、点字用タイプライター、テープレコーダーなどを用います (点字は6つの突起で文字や数字を表します)。

 

・聴覚に障害がある場合は、筆談や要約筆記(話されている内容を要約して文字として伝える)を使います。

補聴器やファックス、電子メールなども、コミュニケーションを補助する機器に含まれます。

特に中途障害者は、手話による細かい情報の伝達が難しいため、この方法が有効です。

 

・発声の機能に障害がある場合は、トーキングエイド(キーボードを押すことによって音声が出る機器)やコミュニケーションボード(文字盤など非電子的なもので、よく訴える内容を文章として書き込んでおく方法もあります)

最近は、文字の入力方法もキーボードだけではなく、呼気スイッチなども開発されています。

 

 

◆介護現場におけるコミュニケーション

 

領域Ⅱでも触れますが、介護現場において、ケース記録や介護日誌によって利用者の状態や実施したサービスを記録し、情報を共有したり、実施したサービスの証明として利用したりすることが行われています。

 

このような記録も言語的コミュニケーションの方法として位置付けられています。

 

介護現場における文書を作成する時の留意点には、以下のようなものがあります。

 

・5W1Hを明記する

・1文は3節程度とし、簡潔に表現する

・語尾は過去形にする

・適切な修飾語、人権を尊重した表現など、慎重な表現方法を用いる

・専門用語や略語はできるだけ避ける

 

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

これまでのコメント

  1. 人間関係とコミュニケーション | 介護福祉士無料受験対策講座+ :

    […] ◆道具を用いた言語的コミュニケーション […]

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス