介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護福祉士国試1問1答13

 

【問題】

 

61.「社会規範」とは、社会や集団において、望ましいとされる行動や判断の基準のことである。

 

62.「官僚制組織」とは、ピラミッド型の組織で、構成する人の権限等が明確になっている。

 

63.「官僚制組織」は、さまざまな組織形態のなかで、最も組織の力を発揮できるといわれている。

 

64.「ネットワーク型組織」では、リーダーとなる人が、構成員を統率している。

 

65.特定の目的のために、自発的に設立された社会集団をパーソナルネットワークという。

 

 

【答え】

 

61.○

記述の通り。ある人にとっては許される行為でも、その社会の規範に合っていなければ「問題のある行動」と判断される。

 

62.○

設問のとおり。ウェーバーは、官僚制組織が近代組織の最も典型的で合理的な形態として挙げている。

 

63.○

設問のとおり。

官僚制組織は、厳格な権限の委任と専門化された職務の体系をもち,合理的な規則に従って組織の目標を実現するため、最も効率的な組織といわれるが、没個性的、横のつながりが少ない、事なかれ主義などの弊害もあるといわれている。

 

64.×

「ネットワーク型組織」の構成員は平等で、参加者それぞれが役割をもって主体的に活動する。

 

65.×

記述は「アソシエーション」の説明。

「パーソナルネットワーク」は、個人が横につながって親しい人間関係や自主的な組織を作り、ネットワークが形成されている状態のこと。

 

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

これまでのコメント

  1. 1問1答 人間と社会 | 介護福祉士無料受験対策講座+ :

    […] ◆1問1答13 […]

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス