介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

保険給付の概要と種類

 

◆保険給付の概要

 

介護保険の保険給付には、介護給付、予防給付、市町村特別給付があります。 まず、この3つをしっかりと覚えましょう。

また、この保険給付とは別に「地域支援事業」が介護保険制度に位置付けられています。

 

①介護給付

要介護者に対する保険給付

都道府県が指定・監督を行う居宅サービス、居宅介護支援(居宅サービス計画の作成等)、施設サービス、市町村が指定・監督を行う地域密着型サービスがあります。

 

②予防給付

要支援者に対する保険給付

都道府県が指定・監督を行う介護予防サービス、市町村が指定・監督を行う地域密着型介護予防サービス、介護予防支援(介護予防サービス計画の作成等)があります。

 

③市町村特別給付

 

要介護・要支援状態の軽減・悪化の防止に資する保険給付として、市町村が独自に条例で定める保険給付で、第1号被保険者の保険料を財源とします。

 

「横だしサービス」と「上乗せサービス」と言われるものがあり、「横出しサービス」は、配食サービス、移送サービス、寝具乾燥サービスなど介護保険の給付にないもの、「上乗せサービス」は、介護保険の給付にあるサービスを市区町村が独自の判断によって、利用できる時間や回数を増やすもの、となっています。

 

 

◆保険給付の種類

 

各サービスの内容については、後述しますので、ここでは介護給付と予防給付の種類を覚ましょう。

 

まず、介護給付を覚え、予防給付は介護給付との違いで覚えると覚えやすいです。

 

●都道府県が指定・監督を行うサービス

 

・居宅サービス

(訪問系5種類)  

①訪問介護、②訪問入浴介護、③訪問看護、④訪問リハビリテーション、⑤居宅療養管理指導

(通所系2種類)  

⑥通所介護、⑦通所リハビリテーション

(短期入所系2種類)  

⑧短期入所生活介護、⑨短期入所療養介護

(その他)  

⑩特定施設入居者生活介護、⑪福祉用具貸与、⑫特定福祉用具販売

 

※ここまでの中で訪問介護と通所介護以外は、予防給付にも同様のサービスがあります。

サービスの名称は、介護給付のサービス名の頭に「介護予防」をつけるだけです。

例)訪問看護 → 介護予防訪問看護

 

これまの介護予防訪問介護と介護予防通所介護は、平成26年の介護保険改正によって。平成27年度以降、地域支援事業の中の介護予防・生活支援サービスの「訪問型サービス」「通所型サービス」に移行したので、予防給付の枠組みからはなくなりました。

 

・居宅介護支援

 

・施設サービス

①介護老人福祉施設サービス  ②介護老人保健施設サービス  ③介護療養型医療施設サービス

 

※予防給付で「居宅介護支援」に該当するものは、市町村が指定する「介護予防支援」になります。
また、予防給付には施設サービスはありません。

 

●市町村が指定・監督を行うサービス

 

・地域密着型サービス

 

①定期巡回・随時訪問型訪問介護看護

②夜間対応型訪問介護

③地域密着型通所介護

④認知症対応型通所介護

⑤小規模多機能型居宅介護

⑥認知症対応型共同生活介護

⑦地域密着型特定施設入居者生活介護

⑧地域密着型介護老人福祉施設生活介護

⑨複合型サービス

 

これらのうち、予防給付に同様のサービスがあるのは  ④、⑤、⑥の「介護予防認知症対応型通所介護 」「介護予防小規模多機能型居宅介護 」「介護予防認知症対応型通所介護」の3つです。  

 

予防給付にないのは、老人福祉施設への入所や重度の利用者を対象としたサービスです。

 

また、平成26年の介護保険改正によって、平成28年4月から、定員18名以下の小規模な通所介護が、都道府県が指定するサービスから地域密着型に移行され、③の「地域密着型通所介護」になりましたので、要チェックです。

 

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

これまでのコメント

  1. 社会の理解 | 介護福祉士無料受験対策講座+ :

    […] 保険給付の概要と種類 […]

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス