介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

障害者自立支援制度のサービス

 

ここでは、障害者総合支援法のサービスについて説明します。「同行援護」と「行動援護」や介護保険制度と似た名称で内容の違うものなど、混乱しやすいものもありますので注意して覚えましょう。

 

まず、障害者総合支援法で提供されるサービスは、大きく分けて「自立支援給付」と「地域生活支援事業」の2種類があります。

 

自立支援給付には、介護給付、訓練等給付、補装具、自立支援医療の4種類があります。

 

地域生活支援事業には、市町村事業と都道府県事業があり、それぞれ、下記に例示するような「必須事業」と、市町村・都道府県独自で行う「その他の事業」があります。

 

 

【自立支援給付】

 

〈介護給付〉

 

  • 居宅介護(ホームヘルプ)
    自宅で入浴・排泄・食事等の介護を行う
  • 重度訪問介護
    重度の肢体不自由者または知的障害・精神障害により行動上著しい困難を有する障害者に対し、自宅での介護、移動の支援等を総合的に行う
  • 同行援護
    重度の視覚障害者に、移動に必要な情報の提供・移動の援護等の外出支援を行う
  • 行動援護
    知的障害・精神障害により行動上著しい困難を有する障害者に対し、行動する際に危険を回避するなど必要な外出支援を行う
  • 重度障害者等包括支援
    常時介護を必要とする重度の障害者に、複数の居宅介護等の自立支援給付のサービスを包括的に提供する
  • 短期入所(ショートステイ)
    介護者が病気等の際に、短期間施設で介護等を行う
  • 療養介護
    医療と常時の介護を必要とする人に、医療機関で機能訓練・療養上の管理・看護・介護等を行う
  • 生活介護
    常時介護を必要とする人に、主に日中、入浴・排泄・食事等の介護等を行うとともに、創作的活動・生産活動の機会を提供する
  • 施設入所支援
    施設入所者に対し、夜間や休日に入浴・排泄・食事等の介護を行

 

〈訓練等給付〉

 

  • 自立訓練(機能訓練・生活訓練)
    自立した日常生活や社会生活ができるよう、一定期間身体機能や生活能力の向上のための訓練を行う
  • 就労移行支援
    就労を希望する人に、職場実習などの就労に必要な知識や能力の向上のための訓練を一定期間行う
  • 就労継続支援
    一般企業への就労が困難な人に、就労機会の提供、知識・能力の国情のための訓練を行う
  • 共同生活援助(グループホーム)
    夜間や休日、共同生活を営む住居において、相談その他の日常生活上の援助を行う

 

〈自立支援医療〉

 

  • 障害者自立支援法成立以前の更生医療、育成医療、精神通院医療が統合され、自立支援医療費が支給されることとなった
  • 自立支援医療費の自己負担は、原則1割負担であるが、生活保護世帯0円、市町村民税非課税世帯2,500円、5,000円など、1月あたりの上限額が設定されている。
  • 一定の負担能力があっても、継続的に相当額の医療費負担が生じる者(重度かつ継続)にも1月当たりの上限額が設定されている。

 

〈補装具〉

  • 障害によって損なわれた身体機能を補完・代替する用具を補装具という

 

この他、サービス利用計画作成費等も自立支援給付に含まれます。

 

 

【地域生活支援事業】

 

<市町村事業>

 

  • 相談支援事業
    障害者等からの相談に応じ、成年後見制度利用支援事業など権利擁護のための援助を行う。
    地域自立支援協議会を設置し、地域の相談支援体制やネットワークの構築を行う
  • コミュニケーション支援事業
    意思疎通が困難な障害者に対し、手話通訳や要約筆記、点訳等の派遣などを行う
  • 日常生活用具給付等事業
    重度障害者に対する自立生活支援用具等の日常生活用具の給付や貸与を行う
  • 移動支援事業
    屋外での移動が困難な障害者に対し、外出等のための支援を行う
  • 地域活動支援センター
    創作的活動や生産活動、社会との交流の場を提供
  • 福祉ホーム事業:低額な料金での居室等の提供、日常生活上の便宜を提供する

 

<都道府県事業>

 

  • 専門性の高い相談支援事業
    発達障害、高次脳機能障害など専門性の高い相談に対応
  • 広域的な支援事業
    都道府県相談支援体制整備事業など、広域的な支援が必要な事業を行う
  • その他
    福祉ホーム事業、専門員の養成、サービス提供者への研修事業など

 

 

◆補装具と日常生活用具の違い

 

自立支援給付の中の補装具と市町村地域生活支援事業における日常生活用具の違いは、

・補装具:障害を受けた部分の代わりになってその機能を補うもの

・日常生活用具:日常生活上の困難を改善し、自立を支援するもの

となっています。

 

その種類は以下のとおりです。

 

hosougu

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

これまでのコメント

  1. 社会の理解 | 介護福祉士無料受験対策講座+ :

    […] 障害者自立支援制度のサービス […]

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス