介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護実践に関連する諸制度4 保健と医療に関する施策2

(3)感染症対策

 

我が国の感染症は、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)」において、1類感染症から5類感染症と新型インフルエンザ等感染症、指定感染症、新感染症に分類されており、診断した医師に都道府県知事(保健所を経由)への報告基準等が定められています。

 

各分類ごとの感染症の種類と特徴などは、下表のとおりです。

分類特徴感染症名
1類感染症感染力が強く、重篤で危険性が極めて高い感染症エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、ペスト、ラッサ病、マールブルグ病、痘そう、南米出血熱
2類感染症危険性が高い感染症急性灰白髄炎、結核、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARS)、鳥インフルエンザ(H5N1)
3類感染症危険性は高くないが、特定の職業への就業によって集団発生を起こし得るものコレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス
4類感染症動物、植物などを介してヒトに感染し、国民の健康に影響を与えるおそれのあるものE型肝炎、A型肝炎、黄熱、Q熱、狂犬病、鳥インフルエンザ(H5N1を除く)、マラリアなど
5類感染症国が調査を行い、必要な情報を一般国民や医療関係者に提供・公開し、発生・拡大を防止すべき感染症後天性免疫不全症候群(AIDS)、梅毒、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、ウイルス性肝炎(A・E型を除く)、インフルエンザ、麻しんなど
新型インフルエンザ等感染症新型インフルエンザA(H1N1)、再興型インフルエンザ
指定感染症1~3類及び新型インフルエンザ以外で、これらに準じた対応が必要な感染症で、政令で1年以内の期間に限定して指定する
新感染症人から人に伝染する疾病で、既知の感染症と病状または治療の結果が明らかに異なるもので、病状が重篤であり、当該疾病が蔓延した場合に国民の命や健康に重大な影響を与えるおそれがあるもの

 

すべての感染症を覚える必要はありませんが、インフルエンザ関連、腸管出血性大腸菌感染症、MRSA、肝炎などのほか、下記のポイントをチェックしておきましょう。

 

結核は、昭和の初めごろから1950年ごろまで、日本の死亡原因のトップでしたが、その後の医療の発達により、患者数は急速に減少しました。 ところが1997(平成9)年から再び患者数が増加し、1999年に「結核緊急事態宣言」が出されました。

 

これを受け、2006(平成18)年の感染症法改正では、結核予防法が同法に統合され、結核が2類感染症に指定されました。

 

近年の感染症に関する特徴として、「新興感染症」と「再興感染症」があげられます。

新興感染症とは、SARSや新型インフルエンザなど今まで知られていなかった感染症、再興感染症とは、結核やマラリアなど克服されたと考えられていた感染症のことを指します。

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス