介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護福祉士国試1問1答56

【問題】

 

166.結核は、感染症法で3類感染症に指定されている。

 

167.難病患者に対する医療費助成制度には、難治性疾患克服研究事業があり、現在130疾患が指定されている。

 

168.特定疾患治療研究対象疾患については医療費の全額が公費で負担される。

 

 

【答え】

 

166.×

結核は、2006(平成18)年の感染症法改正で結核予防法が同法に統合されたことにより、2類感染症に指定された。

 

167.×

難治性疾患克服研究事業で130疾患が指定されているのは正しいが、医療費の助成があるのは特定疾患治療研究事業であり、56疾患が指定されている。

尚、18歳未満の児童に関しては、小児慢性特定疾患治療研究事業により医療費の助成が行われ、11疾患群、514疾患が対象になっている。

 

168.×
医療費の助成は、自己負担分の一部について行われる。

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス