介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護福祉士国試1問1答60

【問題】

 

178.介護福祉士は業務独占の資格である。

 

179.平成19年の社会福祉士及び介護福祉士法の改正により、介護福祉士の行う「介護等」が心身の状況に応じた介護」に改められた。

 

180.自立した生活を支援するためには、できないことを補う介護を行えばよい。

 

 

【答え】

 

178.×

資格がなければその業務を行うことができない「業務独占」ではなく、資格がなくてもその業務を行うことはできるが、「介護福祉士」の名称を用いることができない「名称独占」である。

 

179.○

それまでの、「入浴、排せつ、食事その他の介護」から「心身の状況に応じた介護」に改められた。

 

180.×

できないことを補うだけでなく、できることに着目し、残存機能を活用することや、リハビリテーションによる自立度の維持・向上に努めることが重要である。

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス