介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

自立に向けた介護1

この科目の重要ポイントは、ICFとリハビリテーションです。特にICFに関する問題は必ず出ると思われますので、考え方や各要素の構成、語句の意味など、何度も読み返してきちんと覚えましょう。

 

(1)自立支援

 

介護において「自立支援」が重要なことは何度も述べています。

 

利用者が、障害等により介護が必要な状態であっても、自己決定、自己選択に基づいて主体的に生きることが重要であり、それを支援するのが自立支援であると言えます。

 

自立には、身体的自立、精神的自立、経済的自立、社会的自立などがあります。介護の場面では、身体的自立が重要視されがちですが、精神的自立、社会的自立があって初めて、自立した生活を送ることができるようになります。

 

自立支援を行っていくためには、手を出す介護ではなく、利用者のもっている力を活用することが大切です。

 

本人のもっている強さや力、能力を「ストレングス」といい、そのストレングスである能力を発揮したり、意欲を引き出すことによって、自ら問題解決する能力を身につけていくことを「エンパワメント」といいます。

今日では、このストレングス、エンパワメントを活用した支援を行うことが重要視されています。

 

(2)個別ケア

 

利用者は、をの身体状況、生活歴、価値観などがすべて違い、一人ひとり個別の存在です。また、高齢になると健康状態の個人差が大きくなり、症状の出方も人によってさまざまです。

 

利用者それぞれが、その人らしい生活を送るためには、一人ひとりのアセスメントをきちんと行い、その人の状況に合わせた個別のケアを行うことが必要です。

 

なお、個別ケアを行うには、疾病や障害に応じた個別の介護技術と生活歴や価値観をふまえた個別の生活支援という2つの視点が必要になります。

 

(3)ICFに基づくケア

 

1980年にWHO(世界保健機構)によりICIDH(国際障害分類)が定められ、障害を3つのレベルに分類しました。

 

ICIDHでは、障害を「機能障害」、「能力障害」、「社会的不利」の3つの側面からとらえています。すなわち、病気や変調ががあると機能障害が起こり、それが原因となって能力障害が生じ、さらも能力障害が社会的不利を引き起こすという考え方です。

 

これに対し、「個人にのみ着目し、環境的要素が含まれていない」「障害をマイナス要因としてのみとらえている」等の様々な指摘があり、「医学モデル」として批判されたICIDHモデルからの脱却を図った「社会モデル」「生活モデル」としてのICFモデルが2001年に定められました。

 

ICF(国際生活機能分類)では、プラス面を重視するようになり、機能障害は「心身機能・構造」、能力障害は「活動」、社会的不利は「参加」という言葉を用いるようになりました。

 

そして、これらをまとめて「生活機能」という枠組みでとらえ、これらが障害された状態のことを、それぞれ「機能・構造障害」、「活動制限」、「参加制約」と呼んでいます。

 

つまりICFでは、生活機能のプラス面を重視するものの、人生を全体像としてとらえ、マイナス面も含んだ中立てきな概念でとらえています。

 

また、ICFのもう一つの重要なポイントは、障害を個人の問題(個人因子)としてだけとらえるのではなく、環境との関係(環境因子)によって影響を受けるものであるとしていることです。

 

ICFは、この個人因子と環境因子を「背景因子」として、生活機能と障害に影響する因子として取り上げ、これらの要素が相互に影響する総合的なモデルとなっています。

 

icf

 

各語句の具体的な意味は下記の通りです。

 

・健康状態:病気や体の変調、怪我、の他高齢・ストレスなども含む。

 

・心身機能:精神機能や身体の生理的機能、運動機能や視覚・聴覚などの感覚機能。

 

・身体構造:器官や肢体がどうなっているかなど、身体の解剖学的な構造。

 

・活動:歩行などの日常生活動作から、家事などのIADL、仕事も含め、行動のことを指す。

※ICFでは、本人が実際に行っている「している行動」と本人の能力である「できる行動」の2つの視点でとらえている。

 

・参加:社会的参加のこと。生活や人生場面へのさまざまなかかわりのことを指す。

 

・環境因子:物的環境(建物の構造、交通機関、福祉用具など)、人的環境(家族、友人、同僚、上司など、周囲の人々の障害者に対する意識も含む)、制度的環境(法律、医療・介護サービスなど)にわけられる。マイナス(阻害因子)だけでなくプラス(促進因子)にもなりうる。

 

・個人因子:個人の人生や生活の特別な背景。年齢、性別、生活歴、価値観、ライフスタイル、などその人の個性ともいえるもの。

 

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス