介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護サービス4 介護サービス提供の場の特性3

(2)介護サービス提供の場の特性

 

◆居宅系サービス(障害者)

 

障害者自立支援法のサービス体系は、個々の障害程度や社会活動、介護者、居住等の状況をふまえ、個別に支給決定が行われる「障害福祉サービス」と、市町村の創意工夫により、利用者の方々の状況に応じて柔軟に実施できる「地域生活支援事業」に分かれます。 「障害福祉サービス」には、介護の支援を受ける「介護給付」と訓練等の支援を受ける「訓練等給付」があり、それぞれ利用の際のプロセスが違います。

 

障害者総合支援法では、入所施設のサービスを、昼のサービス(日中活動事業)と夜のサービス(居住支援事業)に分けることにより、施設の中だけですべての支援を行うのではなく、利用者一人一人の個別支援計画に基づいて、サービスの組み合わせを選択できるようになっています。

 

障害者総合支援法における日中活動系のサービスは、自立支援給付の中の介護給付に位置付けられる「生活介護」と「療養介護」です。

 

「生活介護」は、常に介護を必要とする人に、昼間、入浴、排せつ、食事の介護等を行うとともに、創作的活動又は生産活動の機会を提供するサービス、「療養介護」は、医療と常時介護を必要とする人に、医療機関で機能訓練、療養上の管理、看護、介護及び日常生活の世話を行うサービスです。

 

●訪問系サービス

 

障害者総合支援法における、訪問系のサービスは、「居宅介護」「重度訪問介護」「同行援護」など自立支援給付の介護給付によるものと、「移動支援事業」「生活サポート事業」など、地域生活支援事業によるものがあります。

 

障害者に対するホームヘルプサービスを「居宅介護」といいます。 障害程度区分1以上の障害者に対し、自宅で入浴・排泄・食事等の介護を行います。

 

「重度訪問介護」は、障害程度区分が4以上で、重度の肢体不自由者を対象とする、入浴・食事・排泄の介助ほか、外出時の移動介護などを総合的に供与するサービスです。

 

「同行援護」は、2011(平成23)年10月から新設されたサービスで、視覚障害により、移動が著しく困難な障害者に同行し、移動に必要な情報の提供(外出先での代筆・代読を含む)、移動の援護や外出時の排泄・食事等の介助など、必要な便宜を提供するサービスです。

 

「行動援護」は、知的障害または精神障害により、自己判断能力が制限されている人が行動するときに、危険を回避するために必要な支援、外出時の排泄や食事等の介護、その他必要な支援を行います。

 

●通所系サービス

 

障害者総合支援法による通所サービスは、生活介護事業所、自立訓練事業所、就労移行支援事業所などで行われています。 障害者自立支援法施行前にあった、障害者デイサービスという枠組みはなくなりました。

 

2010(平成22)年の障害者自立支援法の改正により、2012(平成24)年4月から、それまで障害者自立支援法に根拠のあった「児童デイサービス」、児童福祉法に根拠のあった知的障害児・肢体不自由児等の通所サービスは、児童福祉法に基づく「障害児通所支援」に一元化されました。

 

◆入所系サービス(障害者)

 

障害者総合支援法による入所サービスは、障害者支援施設で行われる「施設入所支援」、「共同生活介護(ケアホーム)」、「共同生活援助(グループホーム)」で行われています。

 

施設入所支援事業は、在宅生活が困難となった障害者が障害者支援施設に入所し、住まいの提供と日常生活に必要な介助を受ける事業です。施設に入所する人に、夜間や休日、入浴、排せつ、食事の介護等を行います。

 

共同生活介護(ケアホーム)は、障害程度区分が2以上の身体・知的・精神障害者が入所し、夜間や休日、共同生活を行う住居で、入浴、排せつ、食事等のの介護、家事の援助、生活相談・助言、関係機関との連絡調整などを行います。

 

共同生活援助(グループホーム)は、障害程度区分が1以下の身体・知的・精神障碍者が入所し、夜間や休日、共同生活を行う住居で、相談や日常生活上の援助を行います。

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス