介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護福祉士国試1問1答83

【問題】

 

247.対人援助関係におけるコミュニケーションに、感情の伝達は含まない。

 

248.利用者とのコミュニケーションを妨げる雑音には、物理的雑音と身体的雑音の2種類がある。

 

249.コミュニケーションにおいては、よく知っている人であるという思い込みが、相手の心情を見えにくくすることがある。

 

 

【答え】

 

247.×

コミュニケーションには、言語化されたメッセージのほか、意思や感情なども伝える機能がある。言葉で表されなくても、利用者の心情や体調、認知機能などを知ることができる。

 

248.×

雑音には、「物理的雑音」「身体的雑音」のほか、心理的防衛機制、偏見や誤解に基づく先入観などの「心理的雑音」がある。

 

249.○

記述のとおり。「知っている」という先入観から、相手の心情を見えにくくすることがある。相手には、自分の知っている他に、自分の知らない部分がある。

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス