介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護福祉士国試1問1答86

【問題】

 

256.高齢者や障害者は、一般的に意欲的な生活を送っている。

 

257.ストレングスとは、人が潜在的に有する能力や関心、願望などの「強さ」のことを表す。

 

258.利用者と家族の意向が相反する場合、介護従事者は常に利用者の立場に立って意向の調整を行う。

 

 

【答え】

 

256.×

意欲的な生活を送っている人もいるが、一派的には、高齢者は身体機能や認知機能の低下や様々な喪失体験から、障害者は思うようにならないもどかしさなどから、意欲を喪失しやすい状況にあるといえる。

 

257.○

記述のとおり。介護従事者は、利用者のストレングスを活かし、利用者が意欲を高めることができるよう支援することが重要である。

 

258.×

利用者と家族の意向が異なる場合、介護従事者は基本的に中立な立場をとった上で、意向の調整を行うことが必要である。なお、利用者が自分の意思を表現できない場合は、利用者を代弁し、意向が伝わるように支援する。

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス