介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護福祉士国試1問1答87

【問題】

 

259.視覚障害者とのコミュニケーションでは、非言語的手段が有効である。

 

260.高齢になってからの中途失聴者のコミュニケーション手段として、筆談は有効な方法である。

 

261.麻痺性構音障害のある人には、ゆっくりと文節を区切って話すように促すとよい。

 

 

【答え】

 

259.×

視覚障害者は、非言語的手段でのコミュニケーションが難しい。このため介護従事者は、言葉的方法によってわかりやすくコミュニケーションをとる必要がある。

 

260.○

記述のとおり。中途失聴者は、言語の理解は十分にできる人が多いが、手話等を習得することはこんなんなことが多く、筆談は有効である。

 

261.○

記述のとおり。麻痺性構音障害は、発声・発語器官の筋肉や神経の病変によって構音障害が生じるもので、介護従事者は、ゆっくりと話を聞き、口を大きく動かし、はっきりと話をするよう促すことが大切である。

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス