介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護福祉士国試1問1答93

【問題】

 

277.居住環境の整備の目的に、利用者の自立支援のほか、家族の介護への支援も含まれる。

 

278.ユニバーサルデザインとは、高齢者や障害者が使いやすいようにデザインすることを指す。

 

279.居住環境のアセスメントでは、住宅周囲の環境にも配慮する必要がある。

 

 

【答え】

 

277.○

利用者の状態に合わせた居住環境の整備は、利用者の日常生活動作の改善、事故防止、精神的な安定などによって、介護負担を軽減し、家族の支援にもつながる。

 

278.×

ユニバーサルデザインとは、高齢者や障害者だけでなく、すべての人のためのデザインで、対象者を限定せず、できるだけ多くの人が使いやすいように配慮されたデザインのことである。

 

279.○

記述のとおり。災害時に受ける被害、避難経路、避難場所、周辺の道路、建物、日当たり、騒音、外出のしやすさなどがポイントである。

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス