介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

自立に向けた身じたくの介護3

(6)利用者の状態・状況に応じた身じたくの介助の留意点

 

●感覚機能が低下している人に対する介助の留意点

 

・視覚や聴覚など、感覚機能が低下している利用者を介助する場合は、残された感覚機能を活用して支援することが大切です。

 

・視覚障害のある利用者の身じたくの介助では、移動する場所の床には物を置かないこと、使用する物品がいつも同じ場所にあること、などが必要です。 利用者にわかるように点字や印をつけておき、置き場所を移動する場合は、必ず本人の確認をとることが必要です。

 

・介護従事者は、危険がないように見守りを行い、必要に応じて介助します。

 

●運動機能が低下している人に対する介助の留意点

・下肢の機能が低下している人は、移動が困難ですので手すりや歩行補助杖、車いすなどで移動しやすいように環境を整備します。  また、立って更衣をすることが困難な場合は、座ったままで着脱できるように支援します。

 

・上肢の機能が低下している人は、身じたくが非常に困難になりますが、ボタンエイドやソックスエイドなどの手指が不自由でも使える補助具を使用して、できるだけ自分で行えるよう支援します。

 

・片麻痺のある人の更衣は、麻痺の状態や可動域を確認し、健側の機能を活用して、できるだけ自分で行えるよう支援します。

 

・片麻痺のある利用者は、半側空間無視(左右どちらかの空間しか認識できない状態、多くは左半側が認識できない)麻痺側に食物残差が停滞して、口腔清掃が適切にできていないこともあります。  片麻痺のある人には、鏡を使うなどして、できるだけ麻痺側を意識してもらうような支援が必要です。

 

・経管栄養の利用者は、口腔機能が低下している場合が多く、口腔ケアを行う際には、誤嚥しないよう、座位や側臥位など姿勢に配慮するとともに、チューブなどに異常がみられる場合は、速やかに医療職に報告し、対処します。

 

●認知・知覚機能が低下している人に対する介助の留意点

 

・認知症などで認知・知覚機能が低下していると、身じたくを行うことの意味がわからなくなったり、気候に合わせて適切な衣類を選択することが困難になったりします。また、介助の意味が理解できずに抵抗する場合もあります。

 

・利用者の意見を聞きながら受容・共感し、安心感を与えるような援助を行い、できるだけふさわしい整容を行うことができるよう支援します。

 

・言葉による説明が困難な場合は、介護従事者が同じ動作を行うなどして、残された能力を活用できるよう援助します。

 

(7)他の職種の役割と連携

 

●医療職との連携

 

・身じたくの介助を決行うときは、利用者の皮膚や口腔、全身状態を観察するよい機会となります。異常を見つけた場合は、早急に医療職に報告して対処します。

 

・身じたくの動作では、思わぬけがや感染、状態が悪化する可能性もあります。日ごろから医療職と連携し、利用者の疾患に関する情報提供やアドバイスを受けておくことが大切です。

 

●理学療法士・作業療法士との連携

 

・理学療法士による身体機能の回復や座位の安定を図るためのリハビリテーションや、作業療法士による身じたくに必要な動作の訓練などは、身じたくの動作を安定して行うために有効な手段です。

 

・介護従事者は、利用者の普段の動作を把握していますので、理学療法士・作業療法士と連携することによって、より効果的に利用者の身じたくに関する動作の自立を促すことが可能です。

 

●介護支援専門員との連携

 

・介護保険制度において、介護支援専門員は、利用者の生活全般を支え、社会参加意欲を高めるようにケアプランを作成します。一方、介護従事者は、利用者の身じたくの動作を通じて社会参加への可能性を把握することが可能です。

 

・介護従事者と介護支援専門員が、ケアカンファレンスなどで、お互いの情報を共有することによって、利用者の身じたくを支援し社会参加を促して、利用者のQOLを高める支援を行うことが可能となります。

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス