介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護福祉士国試1問1答95

【問題】

 

283.寝たきりの人は外部との接触が少ないため、自分らしい身じたくができなくても、本人の意欲などに特に影響はない。

 

284.顔を拭く介助を行う際は、目がしらから目じりに向かって拭くとよい。

 

285.爪の角を斜めに切るバイアス切りは巻き爪の予防になる。

 

 

【答え】

 

283.×

身じたくは、生活のリズムを作ったり、自己表現の手段となるなど、精神面にも大きく影響する。利用者の個別性を尊重し、その人らしい生き方ができるよう支援する。

 

284.○

記述のとおり。目じりから目がしらに向かって拭くと、汚れが目に入り、感染の原因になる。

 

285.×

爪の端を斜めに切ると巻き爪になりやすい。巻き爪の予防には、まっすぐ横に角を残して切る。

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス