介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護福祉士国試1問1答99

【問題】

 

295.ボディメカにクスを活用するには、できるだけ重心を低くし、利用者に接近して介助するとよい。

 

296.仰臥位では、大転子部や膝関節部などに褥瘡ができやすい。

 

297.視覚障害者の歩行介助では、介護者は利用者の手を持って誘導するとよい。

 

 

【答え】

 

295.○

記述のとおり。支持基底面を広くとり重心を低くすることで安定し、利用者に接近することで容易に介助できるようになる。

 

296.×

設問は側臥位の好発部の説明である。仰臥位では、仙骨部、肩甲部、後頭部、後肘部、踵部などにできやすい。

 

297.×

利用者には、介護者の肘の少し上を握ってもらい、半歩手前を歩いて誘導する。

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス