介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護福祉士国試1問1答100

【問題】

 

298.要介護者は、危険防止のため、できるだけベッド上で食事をするとよい。

 

299.ベッド上で食事をする場合は、30度程度ベッドを起こした状態で行うとよい。

 

300.片麻痺のある利用者への食事介助では、利用者の患側から介助をするとよい。

 

 

【答え】

 

298.×

寝る場所と食事をする場所を別にする「寝食分離」が望ましい。食事にふさわしい場所で、できるだけ安定した座位がとれる場所で行う。

 

299.○

記述のとおり。顎が挙がった姿勢では、気道が開いて誤嚥しやすくなるので、枕等を使い頸部を前屈させるようにする。

 

300.×

麻痺側は、感覚が鈍く嚥下も困難なため、健側から介助する。また、高い位置からの介助も誤嚥しやすいので、口角の下か横から食べ物を入れるとよい。

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス