介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護福祉士国試1問1答106

【問題】

 

316.切迫性尿失禁とは、くしゃみや咳などで、お腹に力が入ったときに尿が漏れる失禁である。

 

317.便秘の原因には、食事や水分の摂取量の低下が考えられる。

 

318.下痢をしている利用者には、あまり水分を摂らせないようにする。

 

 

【答え】

 

316.×

設問は腹圧性尿失禁の説明。切迫性尿失禁は、脳や神経、泌尿器系の障害により、突然尿意をもよおし、我慢できずに失禁してしまう状態のことである。

 

317. ○

記述のとおり。食事や水分摂取量の低下は、便の量や水分の低下をもたらし、便秘になりやすい。食物繊維の多い食事を摂ることが大切である。

 

318.×

下痢は、便と同時に多量の水分も排出されるので、脱水予防のため、安静にして、番茶や湯冷ましなど、負担の少ない飲み物を少しずつ摂らせるとよい。

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス