介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護福祉士国試1問1答108

【問題】

 

322.酸素系の漂白剤は、色柄物の漂白に適している。

 

323.毛や絹の洗濯には、弱アルカリ性洗剤が適している。

 

324.綿製品にアイロンをかける場合は、低温で行う。

 

 

【答え】

 

322.○

記述のとおり。酸化型の漂白剤のうち、塩素系漂白剤が効果が強いが布を傷めやすいのに対し、酸素系漂白剤は、効果はあまり高くないが色柄物でも使用できる。

 

323.×

一般の洗濯では、洗浄力の強い弱アルカリ性洗剤が適している。中性洗剤は、洗浄力は弱いが、色落ちしにくいため、毛、絹などに適している。

 

324.×

綿・麻は高温が適している。毛、絹、レーヨンは中温、ポリエステル、ナイロン、アクリルは低温が適している。

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス