介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護福祉士国試1問1答111

【問題】

 

331.家庭経営とは、家庭生活上の様々な欲求を、多様な社会資源を通して管理することである。

 

332.認知機能の低下している利用者の金銭管理を行うことも、介護職員の業務のひとつである。

 

333.通信販売で購入した商品は、クーリングオフ制度によって解約することができる。

 

 

【答え】

 

331.○

記述のとおり。主に経済活動を通し、人、物、金、時間、生活支援を運用することを指す。

 

332.×

金銭管理は後にトラブルになることが多く、信用問題にもつながるため不適切である。介護職員は、買い物等の際の一時的な金銭の預かりにとどめておくべきである。

 

333.×

通信販売や普通の店舗での買い物など、自分の意思で契約するようなものは、一部の例外を除き、クーリングオフ制度の対象外である。クーリングオフは訪問販売や電話勧誘販売のように不意打ち的な方法で契約した場合などに適用され、特定商取引法に定められている。

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス