介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

終末期の介護2

(3)終末期における介護

 

身体的苦痛や不安が大きい中では、質の高い生活を送ることはできません。

終末期の介護では、利用者が、人生の最期までその人らしく充実した生活を送ることができるよう、できる限り苦痛を和らげるとともに、穏やかな気持ちで最期を迎えられるよう援助します。

 

終末期の介護の主なポイントは、以下のとおりです。

 

◆身体的側面からの支援

・苦痛緩和のため、できるだけ呼吸が楽な体位にし、必要に応じて体位交換をする。

・入浴ができない場合でも、部分浴や清拭を行い、身体を清潔に保つ。

・口腔内が乾燥するため、水分を補給するが、窒息の危険があるため無理に水分を与えず、水を含ませたガーゼで口腔内を湿らせる。

・痰が出やすくなり、窒息の危険もあるため、医療職と連携して痰の吸引を行うか、ガーゼなどで痰を取り除く。

・手足をマッサージするなどして、倦怠感を除去する。 ・下肢に冷感がある場合は、湯たんぽや靴下などで保温する。

 

◆精神的側面からの支援

・不安や恐怖、悲しみなどネガティブな感情にとらわれている場合があるので、傾聴に努め、共感的態度で接する。

・本人が大事にしている活動を優先的に行なえるようにする。

・聴力や触覚は比較的最後まで残るので、声かけや手を握るなどのスキンシップを行う。

・できるだけ家族と共に過ごせるようにする。

 

◆医療との連携

施設入所者の重度化に伴い、2006(平成18)年の介護報酬の改正により、介護老人福祉施設では「看取り介護加算」が導入されました。

看取り介護加算は、①医師による回復の見込がないことの判断、②24時間の連絡体制など、医療連携体制が確保されていること、③利用者又は家族との同意の下、看取り介護計画が作成されていることなど、一定の要件を満たした場合に算定できます。

 

高齢者の多くは、住み慣れた自宅で最期を迎えることを希望しています。

在宅でのターミナルケアでは、家族との時間を穏やかにすごせるよう、不必要な医療処置は行なわず、苦痛の緩和や不安の除去などを中心とした援助を行います。

 

在宅で介護保険の訪問看護を利用している利用者が、病状の急性増悪、終末期などで、頻回に訪問看護が必要と判断された場合は、特別訪問看護指示書が交付され、1ヶ月のうち、14日以内で毎日の訪問看護が利用できるようになります。

この場合は、介護保険ではなく、医療保険からの訪問看護の提供となります。

 

◆臨終時の介護

・安楽な姿勢の保持など、できるだけ苦痛がないよう、工夫する。

・窒息防止のため義歯ははずしておき、口腔内が乾燥しないようガーゼなどで湿らせる。

・家族や親しい人と静かに過ごせるよう、明るさ、室温などの環境整備を行なう。

・声かけは最期まで行う。また、不用意な発言をしないよう注意する。

・臨終時は、家族との別れの時間がとれるよう配慮する。

・死亡の確認は医師が行う。医師が死亡診断をした時刻が死亡時刻となり、他の者は判断できない。

・死後のケア(エンゼルケア)は、家族等との別れの時間が終了してから行う。

・エンゼルケアは、死亡診断後、死後硬直が起こる2~4時間までに行う。身体を清拭し、その人らしく美しく整える。

 

◆グリーフケア(悲嘆のケア、家族等への支援)

終末期においては、利用者だけでなく、家族も不安や悲しみなどの精神的負担や、介護量の増大による身体的負担を感じています。

家族もケアの対象者として位置づけ、利用者と過ごせる時間を作る、家族の悲しみや苦しみを受け止め共感するなど、利用者と家族が悔いを残さないように支援することが大切です。

 

「グリーフ」とは、悲嘆という意味ですが、身近な人との死別を体験した家族に対し、悲嘆から立ち直っていく過程をサポートすることを「グリーフケア」といいます。

 

グリーフケアにおける援助のポイントとして、以下のようなことが挙げられます。

・大切な人との死別に際して悲嘆することは、ごく自然のことであるという認識を持つ。

・利用者との関係や看取りに関し、罪悪感を持たず肯定的に捉えられるよう援助する。

・家族に対しねぎらいの言葉かけをする。ただし、助言をするのではなく、悲しみを共感するという聞き手の姿勢で行う。

 

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス