介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護福祉士国試1問1答113

【問題】

 

337.快適な睡眠のためには、部屋の照明はすべて消した方がよい。

 

338.空腹は安眠を妨げるため、就寝前に食事を摂るとよい。

 

339.睡眠薬を服用していて眠れるようになった場合は、服用を中止した方がよい。

 

 

【答え】

 

337.×

メラトニンというホルモンが分泌され、睡眠が促されるため、寝室は暗くした方がよいが、利用者の好みに配慮し、トイレに行くことも考え、足元の見える明るさ程度が望ましい。

 

338.×

満腹すぎても入眠の妨げになる。食事は就寝の2~3時間前に済ませておく。

 

339.×

睡眠薬の服用を急に中止すると退薬症状(禁断症状)が現れ、不安やせん妄、頭痛などが起こることがある。医師に相談して指示をもらうようにする。

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス