介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

実技試験の概要

筆記試験お疲れ様でした。そして筆記試験の合格おめでとうございます。後は3月2日の実技試験をしっかりとクリアして合格してしまいましょう。

 

これから数回に分けて、実技試験の対策についてお話ししていきます。

 

今回は、実技試験の概要についてお伝えします。

 

実技試験は、試験官2名の前で出題された問題に適した介助を実践します。制限時間は5分間です。

試験問題は、出題基準の中から選んだ2~4種類の介護行為によって構成されています。

採点は、15項目程度のチェックポイントがあり、できた行為に基づいて点がつけられます。

 

危険行為などがなければ、全体の6割程度できていれば合格で、合格率も9割ぐらいですので、落ち着いてできれば、それほど難しい試験ではありません。

(利用者の能力を活用することが大原則ですが、昨年の試験でほぼ全介助してしまった人が合格しました)

 

■実技試験の出題基準

 

出題基準は、以下の通りとなっていますので、どのような介助が出題されるのかを確認しておきましょう。

 

特に重要なのは、「介護の原則」の中の

①利用者の安全・安楽の確保

②自立支援

③個人の尊厳(コミュニケーション、自己決定) です。

 

大項目中項目小項目
1.介護の原則①安全・安楽・転落・転倒・強打の防止
・麻痺側の保護
・誤嚥の予防
②自立支援・残存機能の活用
・意欲の促進
③個人の尊厳・コミュニケーション
・事前の説明と承諾
・自己決定
・接遇(言葉づかい、態度)
2.健康状況の把握①利用者の健康状況の把握・外見(観)の変化を察知する観察
・意識(反応)状況の変化を察知する能力
・体温、脈拍、呼吸の測定
②介護者の健康管理・ボディメカニクス
・感染予防
3.環境整備①室内環境・換気
・温度、湿度
・冷暖房
・清潔
・採光
②ベッド・ベッドの機能
・ベッドメイキング、リネン交換
4.身体介護①体位と体位変換・体位の種類
・体位(身体)の保持と膝折れ防止
・テコの原理、ボディメカニクスの活用
・体位の変換
②移乗動作・車いす
・ポータブルトイレ
・ストレッチャー
・いす
③移動・歩行介助・ベッド上での移動
・車いす、ストレッチャーでの移動
・肢体不自由者の歩行介助
・視覚障碍者の歩行介助
④食事の介助・食事の種類と介助
・食前の介助
・摂食の介助
・食後の介助
⑤排泄の介助。トイレ及びポータブルトイレへの誘導と介助
・便器、尿器の介助
・おむつの介助
⑥保清の介助・清拭
・入浴、シャワー浴
・足浴、手浴
・洗面
・口腔ケア、義歯の取り扱い
・洗髪
⑦衣服の着脱・衣服の着脱
・寝衣の交換
・衣服のたたみ方
⑧整容の介助・髪をとかす
・ひげそり

 

実技試験当日までにやっておくこととしては、

 

①出題基準に書かれている基本的な介護技術の確認と練習

 

②“You Tube”などで、実技試験の映像が公開されていますので、見ておくのもよいでしょう。

 

③実技試験スタート時のセリフの練習

実技試験のスタートでつまづくと、頭の中が真っ白になって後の実技に影響します。

大体、次のようなセリフでスタートしますので、頭の中で試験会場をイメージしながら、スラスラと言えるように練習しておきましょう。

 

・失礼いたします(こんにちは)。○○さん、本日介護を担当させていただく△△です。よろしくお願いいたします。

・本日の体調はよろしいですか?(気分はいかがですか?)

・それでは、今日は(問題文の行為)をします。よろしいでしょうか?

・それでは、□□できるようにお手伝いをさせていただきますね。

あわせて読みたい関連記事:

SPONSORED LINK

この記事にコメントする

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス