介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

地域

 

地域に関する問題では、地域・コミュニティの概念と、都市化・過疎化の問題が重要です。

ここでも、キーワードの定義や意味がポイントになります。

 

 

◆地域とコミュニティ

 

「地域社会」とは、人々が共同生活をする基本的な場所である「地域」のうえに展開される社会のことで、「コミュニティ」とも呼ばれています。

 

マッキーバーは、コミュニティの要件として、①一定の地域性、②共同生活、③共属感情(われわれ意識)をあげています。

 

コミュニティには様々な規模があり、その例として、近隣集団、村落、都市、国民国家があげられ、(個人・家族を中心としてだんだん広がる)同心円的な広がりをもっています。

 

これに対し、地域を基盤として、個々人の特定された関心に基づいて、人為的に形成された集団を「アソシエーション」と呼んでいます。

 

 

◆都市化と過疎化

 

「都市化」とは、「特定の社会の中で都市に住む人口が増加し、都市の規模が大きくなっていくいことだけでなく、都市的な生活様式、社会関係が浸透していくこと」を指します。

 

わが国では、戦後の経済成長期に農村から都市への人口移動があり、都市化が進んできました。

 

都市部においては人口の密集と人間関係の希薄化が進み、最近ではファストフード化、コンビニ文化などと呼ばれています。「匿名化社会」ともいわれ、犯罪の増加など社会問題になっています。

 

また、都市の中心部の発展に伴い、そこに居住する人口が減少する「都市の空洞化(ドーナツ化)」と呼ばれる現象も起こっています。

 

「過疎化」とは、人口が減少し、経済活動の衰退や生活環境の悪化が起こり、最終的には集落が消滅してしまうことをいいます。

 

わが国では、都市化と高齢化に伴い、防災・教育・保健といった生活基盤が維持できなくなる「過疎問題」が深刻になっています。

 

特に、高齢化率が50%を超え、冠婚葬祭など地域の共同体機能の維持が困難な集落を「限界集落」と呼び、近年増加してきています。

 

限界集落は、中国・四国・九州に多く、その数は、2011(平成23)年4月時点で1万集落を超え急激に増加しています。

 

このほか、大都市圏で開発された巨大な団地などは、住民の入居時期がほぼ同時期で、近い世代の人が入居しているため、住民が一斉に高齢者となり、コミュニティの崩壊が起こる「限界コミュニティ」も問題になっています。

 

限界コミュニティでは、道路や水道などの社会インフラは整っていますが、学校の統廃合、商店街の衰退、高齢者向けのサービスの確保などが課題になっています。

 

 

SPONSORED LINK
社会と組織

 

◆社会

 

社会とは、人と人とのつながり、人間の共同生活の総称、人間の環境など、使う場所によって「社会」という言葉が示す範囲は非常に広いものとなっています。

 

今までも「地域社会」や「社会問題」などの単語が出てきましたが、その他の社会に関するキーワードをまとめました。大まかな意味は理解しましょう。

 

・社会意識

ある社会集団の成員に共有される意識。社会意識は、階級、階層、民族、職業、世代などでその集団の成員が特徴的に持っている意識(日本人の国民意識、職人気質、平成世代の意識など)

 

・社会規範

社会生活を営んでいくうえで、人が守ると期待されている行動の基準で、慣習や道徳、法などのことを指します。 ある社会の中で、共通の価値や行動様式に同調することを促し、同調できないと問題視される。

 

・社会集団(集団)

共通の目標や関心、目的に向けた役割分担をもち、それに対応した規範および共属感をもった人間の集合体。集団は、社会と個人を結びつける中間的な存在として機能している。

 

 

人間は、社会の中で集団を形成して社会生活を送っていますが、現代社会では、個人化が大きな流れとなっています。
個人化とは、職場で、会社よりも自分の生き方を重視するなど、生活場面で個人的な価値の実現を重要視する生き方をいいます。

 

 

◆組織

 

組織とは、 ①一定の共通目的がある、②目的に向かって成員が協働する、③成員の役割や地位とその機能が定まっている、④一定の規則や秩序がある などを特徴とする人々の集まりのことを指します。

 

学校・教会・会社・組合など、共通の目的や関心をもつ人々が、自発的に作る集団や組織のことをコミュニティに対比してアソシエーションということがあります。

 

組織の代表的なものとして、「官僚制組織」と「ネットワーク型組織(ネットワーキング)」があります。

 

2つの語句の対比は問題に出やすいので、しっかりと理解しましょう。

 

・官僚制組織

さまざまな組織形態のなかで、最も組織の力を発揮できるのが官僚制組織といわれています。 ウェーバーは、近代組織の最も典型的で合理的な形態として官僚制を挙げました。そして、以下のような特徴を挙げています。

 

①標準化:明文化された規則に基づいて職務が遂行される

②階層性:権限(責任と命令)のヒエラルキー(ピラミッド型の組織)が明確になっている

③没人格性:構成員や外部との関係が非人格的な秩序に基づいており,制定された規則の範囲内で命令と服従がなされる

④専門化の原則:職務活動は専門化され、分業と協業によって職務が遂行される。構成員は専門知識・技術をもつ

 

なお、行き過ぎた官僚制は、置かれている状況が変化しているのにもかかわらず、同じ行動パターンを繰り返してしまうなど、形式にとらわれて非効率的になりやすいという欠点があります。

 

・ネットワーク型組織(ネットワーキング)

強固な官僚制という組織に対し、社会の情報化が進む中、価値を共有する個人が横につながって自主的な組織を作っていく動きが広がり、ネットワーク型組織が形成されるようになりました。

 

ネットワーク型組織の特徴は以下のとおりです。

 

①異質な個人やグループが相互に連携し、協力関係をつくる

②整然とした組織ではなく、緩やかな連携である

③固定したリーダーはおらず、構成員は平等である

 

このように、ネットワーク型組織では、参加者が上下の関係なく、それぞれの役割をもって目標に向かって活動するため、参加者それぞれの主体性が高められるという側面もあります。

 

現代の社会福祉の援助活動の場面では、さまざまな組織や個人が連携し、ネットワーク型組織が形成されるようになりました。

 

 

SPONSORED LINK
生活支援と福祉

 

◆生活と人生

 

「生活」とは、人が何らかの「場」において、社会環境との相互作用によって様々な営みを行うことといえます。

 

別科目のICFでも生活機能を環境との相互作用として捉えています。

 

また、生活を「生れてから死ぬまでの時間の経過」という側面から捉えると「人生」と呼ぶことができます。

 

「生活」や「ライフ」という言葉が含まれるキーワードはたくさんあります。これも試験にはよく出ていますので、チェックしておきましょう。

 

・生活構造

時間の使い方、家計、社会との関係などの生活パターンのこと。

 

・生活時間

1日24時間の中での労働、休養、余暇などの時間配分の仕方。

 

・生活様式

「ライフスタイル」に近い概念です。ある の中の多くの人に共通する生活の仕方。 生活様式は、社会変動やその時代の階層構造を反映しています。

 

・ライフスタイル

生活の様式。日常生活における行動のパターンであり、衣食住、交際、娯楽などの様式や 習慣を表す。

 

・ライフサイクル

生活周期。人生周期。人間の死に至るまでの時間的経過を指す。ライフサイクルの各段階には、それぞれ達成すべき課題があり、ライフスタイルが存在する。

 

・ライフステージ

乳幼児期、児童期、青年期、成人期、高齢期といったライフサイクルの各段階を指す。

 

・ライフコース

卒業、就職、転職、結婚、出生、事故、大病などの出来事に対し、どのような選択をしたかによって、個人が一生の間にたどる道筋のこと。

 

・ワーク・ライフ・バランス

仕事と生活の調和。働き方の選択、見直しによって、質の高い生活を実現するという考え方。

 

このように、混同しやすい言葉がたくさん出てきます。「ライフサイクル」を中心に各キーワードとの関係を理解しましょう。

 

また、近年「ワーク・ライフ・バランス」の考え方が注目されており、「自分らしい暮らし」を求める人が増えて、ボランティアや生涯学習など趣味・余暇活動が多様化しています。

 

一方、過去一般的だった終身雇用・年功賃金制から、非正規雇用、派遣労働などが増加するようになり、働き方にも変化が起こっています。

 

 

◆ライフサイクルと福祉

 

ライフサイクルと福祉の関係では、福祉ニーズが高まる(収入に対して支出が多くなる)時期にどのようなライフスタイルをとるかがポイントになります。

 

子ども時代と子育て期、老年期の3つの時期に貧困に陥りやすいとされています。

 

これに対し、人々は様々な方法で対応しようとしますが、その方法として下記の語句が重要となりますので、チェックしておきましょう。

 

・自助

自分で貯蓄をしたり、ライフスタイルを変えたりして収入減・支出増に対応する

 

・互助

家族や親族、知人の間でお互いに困ったときに助け合う

 

・共助

地域の連帯によって不十分になりやすい部分を補う

 

・公助

社会保障によって、人々の生活リスクに対応する、国や地方自治体による支援

 

この「自助」「互助」「共助」「公助」の捉え方は、今国で進めている「地域包括ケアシステム」でも重要な考え方になっています。

要するに社会保障費が増えすぎて、「共助」「公助」だけでは成り立たなくなってきているので、「自助」「互助」をもっと活用しようというものです。

 

別科目で説明しますが、ここではこれらの言葉を覚えておきましょう。

 

 

SPONSORED LINK

このページのトップへ

Copyright © 2018 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス