介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

介護過程3

(2)介護過程の展開3

 

◆援助の実施

 

介護従事者は、介護計画に沿って、利用者が少しでも生活課題を解決して目標に近づけるよう、援助を実施します。

援助の実施に当たっては、①自立支援と予防、②尊厳、個別性、自己決定の尊重、③安全、安心、安楽などの視点を持つことが重要です。

 

◆モニタリングと記録

 

介護計画・個別援助計画に沿ってサービスが提供されているか、実施された援助の有効性、目標の達成度、利用者の変化や利用者・家族の満足度などを確認することをモニタリングといいます。

 

介護過程を展開する中での利用者の状況やその変化の様子は経過記録に記録します。 後の評価を的確に行うためには、正確に記録することが必要です。

 

記録では、①援助実施前の利用者の状態、②援助実施中の状態、③実施後の利用者の反応や状態、の3段階について記録します。

 

◆評価

 

あらかじめ定めておいた評価期間ごとに、目標の達成状況などについて評価を行います。

 

目標を達成していれば、その介護過程は終了しますが、達成できていなければ、各段階での妥当性を評価し、修正したうえで、再度介護過程を展開します。

 

評価の判断は、次のような基準で行います。

・援助内容を計画した通りに実施しているか。

・目標に対する達成度。

・援助内容や方法、頻度などは適切か

。 ・新たな生活課題が発生していないか。

 

また、妥当性のある評価を行うためには、次のようなことが必要です。

・評価期間が適切である。

・正確で十分な記録がある。

・評価の判断基準が具体的に設定されている。

 

(3)介護過程とチームアプローチ

 

介護保険制におけるケアマネジメントも介護過程と同じように展開されますが、同じものではありません。

 

ケアマネジメントは、利用者の生活全般を対象とした総合的な援助計画であり、生活課題に対して様々な社会資源を結びつけるものです。

 

これに対し介護過程(個別援助計画)は、介護支援専門員が立案したケアプランに基づき、介護の専門職の立場で、ケアプランの目標に向けて個別援助を展開するための計画です。

 

訪問介護における介護過程(訪問介護計画)を例では、

介護支援専門員が作成するケアプランは、 ①アセスメント、②ケアプラン原案の作成、③サービス担当者会議、④ケアプランの確定、⑤援助の実施、⑥モニタリング、⑦評価、⑧終結または①に戻る というように展開されます。

 

このうち介護過程(訪問介護計画)は、③~④で訪問介護が位置付けられ、どのような支援を行うかが決められますので、それにしたがって介護過程を展開することになります。

 

利用者への援助は、様々な専門職がかかわるチームケアとして行われます。介護保険制度のケアマネジメントの展開においては、サービス担当者会議で各専門職からの専門的な視点による意見が反映され、多角的な援助が可能となります。

 

介護過程を作成する介護職員もサービス担当者会議に参加し、他の職種と利用者に関する情報や目標、援助方針を共有したうえで、介護過程を展開する介護職チームでもケアカンファレンスを行い、チーム内での情報共有や連携が行われます。

 

介護過程2

(2)介護過程の展開2

 

◆介護計画の種類

 

介護保険制度の中で作成されている介護計画には、大きく分けて居宅サービス計画や施設サービス計画などの「ケアプラン」と「個別援助計画」の2種類があります。

 

ケアプランは、利用者にかかわるすべての専門職が参画し、利用者の生活全体に対する総合的な計画を立てるもので、介護支援専門員が作成します。

 

これに対し、個別援助計画は、ケアプランに示されている目標や援助方針を踏まえて、各分野の専門職がどのように利用者にかかわるかを具体的な援助方法として示したものです。

この個別援助計画は、居宅サービスにおいては、訪問介護計画や通所介護計画など、各サービス事業者の計画がり、施設サービスにおいては、介護計画や看護計画、機能訓練計画などが該当します。

 

◆目標設定

 

ケアプランや個別援助計画などの計画を作成に当たっては、生活課題を解決し、利用者の望む生活ができるよう、具体的な目標を設定します。

この目標には「長期目標」と「短期目標」がありますが、「長期目標」には、生活課題が解決した最終的な状態を設定し、「短期目標」には、長期目標を実現するための段階的に達成していく目標が設定されます。

 

目標を設定する場合と記載する際のポイントは、次の通りです。

 

・利用者一人ひとりの価値観や生活習慣を尊重し、自己実現を目指すものであること。

・利用者自身が主体的に意思決定した目標であること。

・利用者の状態像に合った、実現可能な目標であること。

・目標達成までの期間を設定すること。

・目標を記載するときは、利用者を主語とし、わかりやすい言葉で記載する。

・目標の達成度がわかるように、できるだけ具体的で数値化された表現を使う。

・優先順位が高いものを上方に記載する。

 

◆計画の立案

 

介護計画・個別援助計画に掲げられた目標を達成するために、どのような援助やサービスが必要かを検討し、計画を立案します。

 

①個別化と標準化

計画の立案に当たっては、利用者の生活習慣や価値観を尊重し、ADLのみでなく、QOLの向上にも目を向け、利用者それぞれの特性に合わせた「個別化」の視点をもつことが重要です。

また、援助はチームによって行われるため、それぞれの構成員が目標や役割を共有する必要があります、このため、計画は誰が読んでもわかり、統一されたケアができるよう「標準化」されたものでなくてはなりません。

 

②頻度と期間

計画の作成では、本人の状況と家族の介護力等を踏まえ、目標を達成するために必要な頻度と達成までの期間を設定します。また、目標が達成できたかどうかを確認できるようにするため、その判断の根拠となる観察内容を記載します。

 

③説明と同意

目標と援助内容、頻度、期間などが決まったら、利用者及び家族に対し、主体的に参加できるよう、十分に説明し、同意を得ます。

介護過程1

(1)介護過程の意義と目的

 

介護過程とは、利用者がより良い生活を実現するために、直面している生活課題を把握し、その解決を図るための計画を立て、実施、評価するプロセスをいい、「問題解決アプローチ」ということができます。

 

介護過程は、多職種連携のもと、利用者の尊厳を守り、個別ケアを実践することによって、自立した生活の実現を目指すものです。

また、介護過程の展開は、利用者のニーズを客観的・科学的に捉えることによって、「根拠に基づいた介護の実践」を可能にすることができます。

 

介護過程は、介護保険のケアプランや他の計画とほぼ同様ですが、「アセスメント」「計画の立案」「援助の実施」「評価」の4つの過程で構成され、それらが循環することによって、支援が継続していきます。

 

各過程の内容は、以下のとおりです。

 

①アセスメント

・援助に必要な多方面からの情報を収集する。

・専門的な視点から情報を解釈、分析し、それらを関連付け、統合する。

・利用者が抱える生活課題(ニーズ)を明確化する。

 

②計画の立案

・課題を解決するための目標を設定する。

・目標を達成するための方針や具体的な支援方法を決定する。

 

③援助の実施

・計画に基づいた援助を実施する。

・実施状況や新たな課題を把握する。

 

④評価

・モニタリングを行い、目標の達成状況を評価する。

・支援方法が適切であったかを評価する。

・計画の修正の必要性、今後の方針を検討する。

・新たな課題が把握された場合は、再アセスメントを行い、必要な計画の修正を行う。

 

(2)介護過程の展開

 

◆情報収集とアセスメント

 

アセスメントとは、①利用者の希望や心身の状況、生活環境など多角的に情報を収集する、②その情報を解釈、分析し、関連付け、統合する、③生活課題(ニーズ)を明確にする、という一連の過程のことを指します。

 

アセスメントが適切に行われるかどうかが、その後の援助の質に大きく影響します。アセスメントを行う者には、専門的知識や経験、判断する力が要求されます。

 

また、アセスメントを行う際には、利用者のマイナス面だけにとらわれることなく、利用者のできること、得意とすることなどのストレングスにも着目することが大切です。

 

①情報収集

 

情報には、利用者自身が考え方や問題のとらえ方である「主観的情報」と、他者が観察することによって得られる「客観的情報」があります。

 

情報収集では、まず主観的情報を集めますが、初めからすべての情報を集めようとはせず、先入観を持たずに利用者に接し、受容・共感によって信頼関係を築きながら正確な情報を把握していきます。

 

客観的情報は、心身の状態の観察や、医師の診断・バイタルチェックなどのデータや記録書類、家族や他職種からの情報などから得ることができます。

 

これらの情報を記録する際は、主観的情報なのか客観的情報なのかがわかるように区別して記録します。

 

②情報の解釈・分析、関連付けと統合

 

収集した情報が正確なもので、援助目標を達成するために必要十分かどうかを吟味したうえで、その内容を分析し、いくつかの情報の関連付けと統合を行うことによって、利用者の課題を明確化します。

 

③課題の明確化

 

利用者の抱える課題には、①顕在的課題、②顕在的課題の要因、③潜在的課題があります。

また、支援の方法として、①状態の改善・維持を目指すものと、②状態の悪化・低下を防止するものとに分けることができます。

 

支援計画を立案する場合には、これらを踏まえ、利用者のニーズや生活状況に照らし合わせて、優先順位をつけて支援を行うことが必要です。

優先順位の設定に当たっては、まず「生命の安全」にかかわることを最優先し、次いで自立支援の基づいた「生活の安定」や「人生の質・豊かさ」など、その人らしく生活ができているかに視点をおくとよいでしょう。「マズローの欲求段階説」も参考になります。

 

介護過程にICFの視点を取り入れることによって、アセスメントの質を高くすることができます。

「参加」に焦点を当てることによって、利用者の意欲が高まり、「心身機能・身体構造」や「活動」にプラス面の影響がでる、生活機能と環境因子のかかわりに焦点を当てることで、活動を促進する計画を立てるなど、多角的な視点で計画を立案することができるようになります。

 

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス