介護福祉士国家試験・わかりやすい解説で受験生を応援します

Sponsord Link

試験科目と合格基準

介護福祉士国家試験の筆記試験の科目と出題数は下の表のようになっています。

領域科目名出題数
午前
68問
人間と社会人間の尊厳と自立
人間関係とコミュニケーション
社会の理解12
介護介護の基本16
コミュニケーション技術
生活支援技術20
介護過程
午後
52問
こころとからだのしくみ発達と老化の理解
認知症の理解10
障害の理解10
こころとからだのしくも12
総合問題総合問題12

介護福祉士の筆記試験の合格基準は、

A.総得点120点に対して、60%程度を基準として、問題の難易度で修正した点数以上を得点すること
B.すべての科目において得点があること

とされています。

◆Aの基準について
120問中の60%は、72問ですので、これが標準になり修正が行われます。

ここ数年の合格基準点と合格率の推移を見てみると、以下のようになっています。

    合格基準点  合格率
2004年  84点   49.3%
2005年  82点   42.0%
2006年  73点   46.8%
2007年  77点   50.4%
2008年  82点   51.3%
2009年  76点   52.0%
2010年  75点   50.2%
2011年  71点   48.3%
2012年  75点   63.9%
2013年  69点   64.4%

◆Bの基準について
筆記試験の科目は全部で12科目ありますが、これを10科目群にまとめて、それぞれの科目群で1つでも0点があると不合格となります。

10の科目群は以下の通りです。

①人間の尊厳と自立+介護の基本、
②人間関係とコミュニケーション+コミュニケーション技術
③社会の理解
④生活支援技術
⑤介護過程
⑥発達と老化の理解
⑦認知症の理解
⑧障害の理解
⑨こころとからだのしくみ
⑩総合問題

介護福祉士国家試験日程等について

 
◆今年度の介護福祉士国家試験の日程は下記のとおりです。

(1)筆記試験:平成26年1月26日(日)
 

   午前 10:00~11:50(68問)
   領域<人間と社会>から16問
   領域<介護>から52問
 

   午後 13:30~15:10(52問)
   領域<こころとからだのしくみ>から40問
   <総合問題>が12問

 

(2)実技試験:平成26年3月2日(日)

 

(3)受験申込:現在、「社会福祉振興・試験センター」で、受験申し込み手続きの詳細が発表され
   ています。
   実務経験の証明などに時間がかかることがあります。早めに「受験の手引き」を入手しま

   しょう。

 

(4)8月7日(水)から9月6日(金)が申込み期間です。受験手数料は今回も10,650円です。

 

詳しくは、
「社会福祉振興・試験センター」のホームページをご覧ください。

 

 

 

このページのトップへ

Copyright © 2017 介護福祉士無料受験対策講座+ All Rights Reserved.
シアリス